おまかせ工房 神前向け木製花台 柵タイプ

祖霊舎や大きな神棚ではよく使われる木製の榊立て(花台)

2タイプありますが今回は「柵」タイプ

基本的な使い方としては神前で使う榊立てですが、他のセトモノ類にはこのような木製など使いません。
榊立てだけ使うと思います。
おまかせ工房では「花台(A)」そして「花台(B)」と区分けしていて、今回は「花台(B)」を紹介していきたいと思います。

そもそもどうして榊立てに木枠など付けるのか?
これは見栄えがすこぶる良くなるからですが、実はもうひとつの役目があります。
それは水滴対策。

物は置いておけば汚れてきます、当然ながら棚板も汚れてくる。
ただ、その汚れがホコリであれば棚板から払い落としてしまえば済むかもしれない。
水垢でしたらどうでしょうか?
神道祭壇などは白木で作られていますね、棚板も白木です、白木というのは塗装をしない状態のことです。
この白木に水跡がクッキリとついてしまった経験はありませんでしょうか。
円形の黒い輪です。

祖霊舎なども安いものではありません、棚板も高額なものはたくさんあります。
そのようなときには木製花台を使うことを薦めています。

お水、お酒などは三宝、長三方、折敷、豆八足台などを使うことがありますが、榊立ては乗せませんね。
つまり、花台とは榊立て専用の受台のことです。

神前榊立て 木製花台 柵タイプ

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

神前榊立て 木製花台 柵タイプ
経験的に大きな神棚、そして幅3尺を超えてくるような大きな棚板を持っている人たちがよく使います。
小さな花台も用意をしていますが、それでも丸裸の榊立てに比べると場所をとる。
神前は狭いことが多いので広い場所をとっていないと木製花台は窮屈になってしまいます。

神道祭壇があるような家、それから本格的な八足台(八脚案)で神棚を祭っている家、幅広の棚板で祭っている家の場合には使ってみるといいでしょう。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告