おまかせ工房 神殿ケース(小)と招福屋根違い三社(小)神棚セット

神具一式を付属した神棚セットを神殿ケースの中に納めた参考例

手頃な価格でダイナミックに箱宮神殿を完成させられます

おまかせ工房の招福屋根違い三社(小)は神棚セットとして販売してるので、画像の神具は全て含めてあります。
後からでも箱宮神殿のように仕上げておきたいときには、小型サイズ用神殿ケースを使うと上手にまとめることができますので、今回はその参考例として紹介をしたいと思います。

元々、この神殿ケースは「弥栄屋根違い三社(小)」を納めていただくつもりで製作をしていますが、大きさが合うのであればいろいろな使い方ができます。

今回は、神具一式付きの「招福屋根違い三社(小)」を納めたとき。
この招福屋根違い三社は神棚セットとして販売していまして、初めて神棚を祭ってみたい人向けに神具をセットしてわかりやすく構成しているものになります。
それら神具を配置してみるとこのようになるわけですが、綺麗に納まるっていると思います。

箱宮神殿として考えると大きさな箱宮神殿に仕上がります。
この形式にしてそのまま壁に掛けておくことも、台の上に置いておくことも可能です。

【神具】神棚 小型サイズ用 神棚ケース 吊り金具付き
—詳しい紹介—
外寸 高さ48cm 幅61cm 奥33cm
内寸(本社) 高さ44cm 幅53cm 奥27cm

備考

内寸(本社)とは内側の空間を指します。

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。

———- ———- ———- ———-

【神具】招福屋根違い三社12点神棚セット(小)
—詳しい紹介—
外寸 高さ38cm 幅51cm 奥20cm
内寸(本社) 高さ27cm 幅10cm 奥5cm
末社 高さ21cm 幅10cm 奥4cm

備考

内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。同じく末社とは三社以上の時の左右の扉内の空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した神殿です。
材料:国産檜

神棚セットになります(お宮・セトモノ・八足台・神鏡・榊のフルセット)【並品】
比較的小ぶりな屋根違い三社。
初めて神棚を祭ってみたい人にはおすすめなセットです。

おまかせ工房 神殿ケースと神棚セット

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 神殿ケースと神棚セット

神具の配置の仕方というのは個人差がありますので参考程度に見ておいてください。
上の画像では神棚セットに付属してある神具を全て神殿ケースの中に入れたときの配置例になります。
造花の榊などはこのぐらいの高さに調節しておけば綺麗に差しておくことができると思います。
榊の高さ調節は曲げて調節をしてください、曲げておけば榊立てに固定されます。

下の画像では神具を神殿ケース内部に納めず、膳引き(引き出し)を使ったときの参考例になります。
全てを横並べしても全部置くことが可能で、膳引きは奥行き寸法の半分程度まで引き出せます。
正面ガラスが4枚付きますが、神具を手前に置いておくとガラス戸の開閉をしなくて済むということになりますので、毎日の取り換えを考えている場合には取り換え頻度の高いものを手前にしておくのもいいでしょう。

おまかせ工房 神殿ケースと神棚セット

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

只今、神殿ケースにも神棚セットにも「木彫り雲 桧」の無料サービスをしています。
この組み合わせを選んでいただいた場合には、木彫の雲を2枚サービスできますので、「大きな雲」「小さな雲」どちらでも選んでください。

この場合には神殿内部の天井に雲板を付けておくといいと思います。
雲板は必ずしもはっきりと見せる必要まではありません。
あれば一安心という程度だと思いますので、大小どちらか自分自身で試してみてはいかがでしょうか。

広告