おまかせ工房 コンパクトサイズの神棚の祭り例 全て上品神具使用

箱宮神殿の祭り例 ガラス箱宮神殿一社と上品神具の組み合わせ

コンパクトな神棚ゆえに祭り方もシンプルにまとめてみた参考例

小さいながらもそれなりにまとめて神具を置くと見栄えとして素晴らしくなります。
しかし、コンパクトサイズゆえにあれこれ置きすぎても混雑しすぎてしまうことがあります。
そこで今回はひとつの参考例として、ガラス箱宮神殿一社を例にとり、この程度の神具を置くとこのように祭ることができるという神棚の祭り方の参考例になります。

神具にもいろいろありますが、今回は全て上品神具を用いているので、一般的な神棚セットとは品質面で違うと思います。

どの程度の神具を置いたらいいのか?何が必要になるのか?という部分については、個人差があるので一概には言えませんが、それでも少しは祭っておきたいときに、下記のような神具を使ってみるのはいかがでしょうか。
大きさなどを参考にしていただければわかりやすいと思います。

豆八足台については通常の豆八足台を持ちてみましたが、もう一段低めの短足型豆八足台でもいいと思います。
真榊については一番小さな真榊を使いますが、これは箱宮神殿全般でどのサイズの神棚で用いてももちょうどいい大きさだと思います。
おまかせ工房の真榊は木製台軸仕様なので神棚に最適です。
神鏡については雲水彫神鏡2.5寸上品を使っています、この神鏡は2寸でもいいかもしれませんが、2.5寸では大きすぎると思いますので、上彫神鏡、神鏡、竜彫神鏡のどの神鏡についても同様のことが言えるでしょう。
セトモノセットについては一番小さなサイズを使用していますが、下記画像でもわかるように榊立ての配置については一考するべきところがコンパクトサイズの箱宮神殿の場合にはあり得ます。

——————-
【神具】ガラス箱宮神殿一社(神棚) 御簾付き
—詳しい紹介—
外寸 高さ39cm 幅37cm 奥32cm
内寸(本社)高さ25cm 幅12cm 奥4cm

備考

内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。

両サイドはガラス面 前面は観音開きガラス、裏面に壁掛け用金具設置済み。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州檜
——————-
神具一式は下記の通り

豆八足台6寸 上品
真榊(小豆)木製軸、木製台仕様
雲水彫神鏡2.5寸 上品
セトモノセット(B)豆 上品
——————-

おまかせ工房 ガラス箱宮神殿一社と上品神具の組み合わせ

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 ガラス箱宮神殿一社と上品神具の組み合わせ

上の画像を見ると気づくかと思いますが榊立てを含めてありません。
真榊を置いているということもありますが、実際に榊を広げてみると内部に榊立てを置いてしまうと葉に覆われすぎると思います。

下の画像は榊立てを引き出しに置いているものです。
こうのように配置することによって榊の葉で覆いつくされることはないかと思いますが、おそらく榊自体を剪定して小さくする方が見栄えが良くなると思います。

ところで昨今、榊の入手、それから榊の取り換えというものが、手間になる、面倒になるということもあってか、真榊を置くだけでいいと考える人達も増えてきました。
また、セトモノセットには榊立ても含まれていますが、それはあえて使わないという人たちもいます。
ここで注意をして欲しい点があります。
陶器はどこれも同じように見えてしまうと思いますが、様々な形や種類が出回っていますので、水玉だけ、平子だけのようにバラバラで揃えると他の陶器と色が違う、曲線が違うなどのことがおこります。
そのため、おまかせ工房では一式含めたセトモノセットとしてのみ販売をしています。

おまかせ工房 ガラス箱宮神殿一社と上品神具の組み合わせ
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

もうひとつ書いておこうかと思います。
豆八足台にお酒とお水を置いている点です、これはこの二種類については水滴が付きやすいので床に水跡が付くことがあるためです。
お塩とお米にはまず跡が付きません、陶器の裏側は円形になっているので円形の黒い水垢に残るのを少しでも和らげているということです。
豆八足台の置き方には決まりはありませんので、あとは柔軟に並べてみてはいかがでしょうか。

広告