おまかせ工房 天体観測会など野外で敷ける業務用PPござ

雑草、芝生、タータン、コンクリートなどの上で寝転べます

アトピーの人でも無問題のカーペット

今回は業務用ポリプロピレン敷物のご紹介ですが、少し切り口を変えて説明をしてきたいと思います。
寝転がって何かをする場面というのが日常ではなかなかありません。
ところが、例えば天体観測などをする場合、これは立って観測することもありますが、主に素人が集団になって観測するときには寝て星空を見ることが非常に多いんですね。
そのためこのようなイベントを主催する側もそれなりの用意をしておく必要があります。
その時に業務用PP花ござを利用していただいていますので、そのご紹介です。

会場になるところは天体観測ができる場所になるので、施設の整ったところでは天文台があります。
しかし、一般には雑草の生い茂る山中が多い。
ともかく周囲が暗い場所が求められるイベントですので、人里離れた平面のある場所ということになります。

天文台などであれば屋上にタータンなどとよばれるオールウェザートラックのようなゴム状の素材を敷き詰めたところもあるかもしれませんが、ほとんどコンクリートです。
寝そべるにはやや不向きな場所ですね。
そのためそこへ一時的に敷くために業務用PPござを利用してもらっていたりもしています。

山中であれば夜は芝生であっても湿っていることも多いので、この場合には必ず敷物が必要になります。
もう少しベテラン組がいる場合には機材を置かなければならないので、置き場の確保としても利用できます。

おまかせ工房 業務用PPござ 天体観測に最適

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 ポリプロピレン敷物

おまかせ工房では現在二種類のポリプロピレン敷物を作っています。
【模様】と【潮波】の二種類。
一番上の画像が【模様】、そしてその下の画像が【潮波】になります。

【模様】は江戸間サイズになります、そして基本的には2畳サイズから8畳サイズまで製作していますが、枚数がある程度まとまれば1畳サイズでも製作可能となります。
そのため一人用の場所を確保したい場合には、江戸間一畳サイズで作ってみてもよいのではないでしょうか。
ちょうど幅87cm長さ176cmが江戸間一畳の大きさです。
ただ、江戸間一畳サイズに限ってはホームページでは掲載していませんので、最低6枚ぐらい以上であれば作ります。

【潮波】はやや柔らかいポリプロピレン敷物になります、サイズとしては本間サイズと五八間サイズ。
屋外で敷く場合にはどちらも対応していますが、【模様】のほうがより強いので【模様】を薦めています。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

汚れたら水で洗い流せますので、イベント終了後でも綺麗な状態が保てるはず。
花火を見るときでも使えますよ。

広告