おまかせ工房 榊立てを安定させ見栄えを良くする木製花台【上品】

水垢対策、直立安定化を可能する神前木製花台

今回は最小のタイプになります

神具のひとつに榊立てというものがありますが、縦長になっている上に榊を差すのでどうしても振れてしまいがちになります。
そのため榊立てを転倒させてしまった人もいるかと思います。
何か良いのものはないか?ということで、おまかせ工房では木製花台を薦めています。
この花台を使うことにより、天板面の水垢対策にもなりますので都合がよろしいのではないでしょうか。

神道祭壇では当たり前のように使う木製花台ですが、神棚で使う場合には置き場所の都合で置けないことも多い。
では、どうして神道祭壇、祖霊舎などで使うのか?と言うと、それ自体が高額であり、かつ桧の白木・・・・つまり無塗装のものを使っているためです。
そのため液体を入れる容器類をそのまま置いてしまうと汚れますね、汚れであれば拭けばいいというわけには白木素材の場合にはなかなかいきません。
拭いたら拭いたで今度はそこが汚れてしまう。

水玉、平子、榊立て・・・・この3種類は何かの台に乗せることが多い。
水玉、平子であれば三宝、長三宝、豆八足台を利用されている場合が目立ちます。
榊立てであれば折敷を利用することもあるし、今回紹介している木製花台を利用することもある。

同様に八脚案、棚板などを利用しているときでも同じことが言えるわけです。

おまかせ工房 木製花台

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 木製花台 上品

木製花台には榊立てをセットにしてあります。
最小タイプの花台を今回は紹介していますが、それに付属する榊立ては高さ3寸。
榊立て自体の最小タイプが3寸です。

木製花台の幅は約11.5cmほどなので、12cm角の空きスペースがあれば置くことができます。

神棚を棚板で祭られている人の利用が増えてきて、話を聞く限りでは黒く残る水垢対策という話をよく聞きます。
やはり立派な棚板で祭られているのではないでしょうか。
棚板を一枚削るというのも大変だと思いますので、経験的に合ったほうが何かと良いだろうということだと思います。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告