おまかせ工房 神具の置き方を変えるだけで見た目も大きくかわります

小型箱宮三社と極小神具を使い祭り方の参考例

神棚も上品、神具も上品です

おまかせ工房の神棚の中でコンパクトサイズながら人気を博している、雲彫しめ縄付きの箱宮神殿三社とともかく一番小さな神具セットを使った祭り方の参考例になります。
セトモノセットの配置を変えてあります(3パターン)

今回用いた神棚と神具は下記の通り。

神棚 ガラス箱宮三社(注連縄付き) 小 壁掛けタイプ 上品 外寸高さ39cm 幅48cm 奥32cm
—詳しい紹介—
外寸 高さ39cm 幅48cm 奥32cm
内寸(本社) 高さ25cm 幅29cm 奥4cm

備考
内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。これは吊り下げるタイプのものです。
材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。

———-

上彫神鏡1.5寸と神具一式極小セット 上品 神饌(お供え)【お宮・神棚用】
—詳しい紹介—
上彫神鏡1.5寸 高さ約9.2cm
真榊 丸台 小豆:木製木軸台仕様 高さ24cm
かがり火高さ約6cm
セトモノセット(豆)皿2枚(1.5寸)、水玉1個(1.3寸)、平子1対(2寸)、榊立1対(3寸)
豆八足台6寸

全て上品で取り揃えた神具です。
極小サイズの神具セットで、小型神棚から箱宮まで対応できる寸法で各神具を構成してあります。
一番小さな神具の組み合わせになりますので、神棚の棚板や箱宮の内部の空間を少し作っておきたいときには便利です。

なお、当店の神棚表記で「小」「中」「10号」「16号」「17号」「18号」が書かれていればちょうどいいサイズだと思います。
神具の置き方はいろいろありますので。3パターンで画像を構成してあります、ご参考まで!

———-

榊立てを神殿内部においてありますが、箱宮の場合には内部より引き出しを使って外部に置く人が目立ちます。
内部に真榊を置くだけという人もいるようです。
今回は大きさの目安を画像からわかるように配置しているだけになります。

おまかせ工房 神棚の祭り方 箱宮編

豆八足台の上に水玉、皿を乗せ、平子を手前に寄せ付ける感覚で配置している画像です。
平子同士を二台並べるのは八脚案(神道で使う大きな八足台)ではよく見かけますね。
棚板で祭る場合には左右に分けて配置することが多いかもしれません。

おまかせ工房 神棚の祭り方 箱宮編

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 神棚の祭り方 箱宮編

豆八足台の上に平子と水玉を乗せた画像です。
この置き方は水滴対策としてよく使われる置き方になります。
水物を入れておくので交換しやすいという利点も併せ持っています。

おまかせ工房 神棚の祭り方 箱宮編

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 神棚の祭り方 箱宮編

豆八足台の上に水玉と皿を乗せた画像になります。
当り障りのない置き方で教科書通りということになりますが、次第に左右のバランスを求めていって最終的には一番上の画像のように中央に水玉を置いているという人はかなりいます。

おまかせ工房 神棚の祭り方 箱宮編

すでに神具などを一通り持っているのであれば、一度どんな置き方が自分に合うか、しっくりくるのか行ってみてはいかがでしょうか。

広告