おまかせ工房 中神明 大神明 大々神明の祭り方の参考例

上品シリーズ 中神明神殿 大神明神殿 大々神明神殿の祭り方

中神明 大神明 大々神明の3種類はほぼ形状が同じで大きさが違います

小型神殿の中で「中神明神殿」「大神明神殿」「大々神明神殿」の3種類についてはデザインはほぼ同じで大きさが違います。
今回はその3種類に神具を祭ってみたときの参考例で、サンプルとして「中神明神殿」を使いました。

一社神殿は棚板で祭る機会も多いと思いますが、広さを必要としていないせいか本棚などを利用して祭られている人もいます。
ただ、一社神殿はシンプルということもあり神棚単体で祭るより神具類も付属して祭ります。
そのときに何を選んで良いんだろうか?という場合の一例です。

神棚の扉の前には小型神殿のため神鏡と金幣芯を前後に並べて置くことはできません

神鏡か金幣芯かのどちらかであれば可能ですので、2パターンを例にしてあります。

—–今回使った神棚神具は以下の通り—–
中神明神殿 桧 上品
真榊 小豆 木製台軸仕様 上品
雲水彫神鏡1.5寸 上品
セトモノセットB豆 上品
豆八足台6寸 桧 上品
金幣芯中型サイズ 上品
金幣芯大型サイズ 上品

おまかせ工房 中神明 大神明 大々神明の祭り方

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 中神明 大神明 大々神明の祭り方

神具として祭られる機会の多いものを置いたときのものが上の画像。
それとは別に神具類を1点に絞って金幣芯のみを祭った時が下の画像。
金幣芯だけを祭る人も増えてきています。

おまかせ工房 中神明 大神明 大々神明の祭り方

上の画像は大型サイズの金幣芯を階段前、つまり最前列に配置したときのもの。
下の画像は中型サイズの金幣芯を扉の前に配置してみたときの例です。

おまかせ工房 中神明 大神明 大々神明の祭り方
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

金幣芯と神鏡を同じ神棚で祭る場合、一般的には神鏡の後ろに金幣芯がくるように置きますが、扉の前の場合には空間がないことも多いですよね。
そんような場合には扉の前に神鏡を置いてみて、最前列には大きな金幣芯を置きます。

また、今回は紹介できませんでしたが扉の前に金幣芯を置いて最前列に神鏡を置く・・・・このようなこともあります。
どちらにしても最前列に神鏡または金幣芯を置く場合には「一回り大きなもの」を置かれると見栄えが良いと思います。

広告