おまかせ工房 金幣芯を置いてみよう 祭ってみよう 日本製

神棚に金幣芯を置く 置き方いろいろ

魅惑の神具 金幣芯の魅力

今回は主に神棚で利用することが多い比較的小さな金幣芯のご紹介です。
社(やしろ)の扉の手前に置くこともあれば、階段前、最前列に置くこともありますが、金幣芯の置き方に決まりごとはありませんので、各人が思うがままに祭っている神具のひとつでもあります。

一台だけで済む人もいれば、何台か必要になる人もいますし、大きさの違う金幣芯を並べておくこともあります。
画像のような並べ方もありますので、ひとつの参考にしてみてください。

神棚の場合には「御幣」というものを利用することもあります、これは木軸に紙を差して作ったもので、金幣芯より普及しているのではないかと思います。
御幣の場合には紙の素材、そして弊の形の部分がそれぞれ嗜好性が強い部分、また定期的に弊自体を取り替える必要がありますので、個性豊かな御幣を作った場合には弊の図面は残しておくほうがいいでしょう。

金幣芯は簡単に言ってみれば御幣の高級版のようなものです。
神社や神道の世界などではさらに高級版の金箔・漆塗りのものを使いますが、神棚で使う場合にはそこまでのものは必要ありませんし、小さな金幣芯の場合にはこれで十分だと思います。

小さなもので10cmほどの高さがあり、大きなもので60cmほどまであります。
神棚で使用するときには、10.5cm、12cm、17.5cmの3種類ぐらいの大きさのもをよく使うことになります。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

このように金幣芯を山なりに神前の最前列に置くと見ごたえ十分です。
金幣芯

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

金幣芯と神鏡を併せて祭りたい人たちも増えています、これは神社などでよく見かける置き方ですね。
その場合には神鏡が手前、その後ろに金幣芯を置くのが一般的です。
神鏡より大きな金幣芯を選んでください。

広告