おまかせ工房 小型神殿(小宮と中宮)の大きさ比較 【上品】

小さいながらも神殿として作る上品シリーズ 小宮・中宮神殿

小さな御札や御守を祀りたいとき最適です

小さな神棚は作りやすいということもあって国内外問わず様々なところで作られているようです。
おまかせ工房でも何種類か小型神殿を作っていますが、今回はその中でナンバーワン、ナンバーツーに小ささな神棚の大きさ比較をしてみたいと思います。

このぐらいの差だと数値を見てもよくわからないかもしれないので、左右に置き並べて比較をしてみると大きさだけではなくて扉も違うんだという事に気づくと思います。

小宮神殿、中宮神殿は共に上品シリーズ。
背板なども木製にしてありますが、製作している作業所ごと少し違うようですね。

このような小型の神棚は豪華さより用途の方が重要で、何を祀るのか?がはっきりとしていることが多い。
近年では御守を祀っておきたいという人たちが増えているので、持ち歩くより祭るスタイルになってきたのかもしれません。

小さな御札というものもありまして、時には「おみくじ」も縁起物として一緒に神棚へ入れておくこともあります。
まぁ、その時は「大吉」になるかと思いますが、人によっては「大凶」を好むこともありますので一概に「大吉」優勢とは一言では言い切れないところもあります。
大凶が出るということは「もうこれ以上の底はない、下がらない」という意味に解釈していきます。

おまかせ工房 小宮と中宮の大きさ比較
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 小宮神殿 上品
【神具】小宮神殿(神棚) 上品
—詳しい紹介—
外寸高さ20cm 幅23cm 奥9cm
内寸(本社)高さ14cm 幅7cm 奥2cm

【神具】中宮神殿(神棚) 上品
—詳しい紹介—
外寸高さ21cm 幅24cm 奥9cm
内寸(本社)高さ16cm 幅7cm 奥2cm

備考
内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州檜

おまかせ工房 中宮神殿 上品
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

サイズを見ればわかることですが、僅差です。
しかし、どうしてこの二種類を作っているのか?・・・それは何十年も前からニーズがあるからです。
このサイズじゃないとダメ、、、という人たちが多く、また、神棚を取り替えてくれるときのことも考えています。

おまかせ工房の上品シリーズなので他の上品シリーズと横に並べても出来る限り同じ雰囲気を保つように、素材の取り方などを揃えてあります。

広告