おまかせ工房 弥栄屋根違い三社 大型 【上品】

定番三社 弥栄シリーズの三社のなかでは最大級

大きな神棚として昔から定評があります

屋根違いの弥栄シリーズ、通し屋根の祥雲シリーズは姉妹品になりますので、屋根の形で迷われても品質や作り方などは同じです、共に以前から定評がある神棚になります。

棚板で祭る、天袋に納める、床の間に八足台を置いてその上に祭る、、、、今ではいろいろな神棚の祀り方が増えてきました。
住宅の事情に合わせていきたい・・・このように考える世帯が増えてきたのでしょう。
以前であれば棚板の上が圧倒的に多く、天井付近に祭るのが一般的です、ただ、大きな神棚がいいんだけど祭る場所が確保できないことも起こります。

幅2尺5寸、約75cmを超えてくると大きな神棚と言ってもいいと思います、このぐらいの神棚であれば最低でも90cmの横幅は欲しいところ、しかし、なかなか3尺幅がとれないこともあります。
というのも大きな神棚には必然的に大きな神具を使うことになるので、空き空間は大型神具を使うときにはさらに必要になります。

【神具】弥栄屋根違い神殿三社(大)(神棚)
—詳しい紹介—
外寸 高さ56cm 幅75cm 奥31cm
内寸(本社) 高さ39cm 幅16cm 奥10cm
末社 高さ31cm 幅12cm 奥9cm
備考
内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。同じく末社とは三社以上の時の左右の扉内の空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州檜

おまかせ工房 弥栄屋根違い三社 大型 上品

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 弥栄屋根違い三社 大型 上品

おまかせ工房の屋根違い神殿では【上品】シリーズは皆同じ作り方になります。
仕様がやや違います、わかりやすく言うと、

出雲シリーズは高さを低めに作った屋根違い神殿。
弥栄シリーズは従来通りのスタイルの屋根違い神殿。
神明シリーズは高床式スタイルの神殿様式にした屋根違い神殿。

実際、神社などに行かれると大きく分けて8種類ほどの神殿様式をよく見かけると思います。
神明造り、大社造り、日吉造り、八幡造り、流造り、住吉造り、権現造り、春日造りが有名なところでしょうか。
こういう部分は興味が無いとどれも同じに見えてしまうと思いますが、少し知っておくと神社巡りの楽しみになると思います。

おまかせ工房 弥栄屋根違い三社 大型 上品

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告