おまかせ工房 弥栄屋根違い三社 大型 低床型 【上品】

定番三社 低床タイプの屋根違い三社

小さくするのではなく床を下げた作り方で高さを低めにした三社神殿

低床型というのは神殿様式のひとつで床の高さを低めにすることで高さを抑えたもののことを指します。
小さくするわけではありません、高さを低めにすることになります。
そのため見栄えが保たれる、バランスですね。

時代に合わせた作りになるかもしれませんが、神棚の幅も欲しい、大きさも欲しい、しかし、高さがどうしても入らないという事がしばしば起きます。
社(やしろ)の内部の空間は保ちたいとき、床の高さを低くすることで調節をするわけです。

【神具】弥栄屋根違い神殿三社 低床型(大)(神棚)
—詳しい紹介—
外寸 高さ43cm 幅76cm 奥28cm
内寸(本社) 高さ33cm 幅17cm 奥7cm
末社 高さ27cm 幅13cm 奥6cm

備考

内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
同じく末社とは三社以上の時の左右の扉内の空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州檜

屋根違い三社の意匠はそのままに高さを低めした神殿です。

弥栄屋根違い三社 大型 低床型 【上品】
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

弥栄屋根違い三社 大型 低床型 【上品】
低床型を作るとき屋根の段差も変えていきます。
そのため同じ屋根違い三社大型と低床型を比べると13cmほどの差を作れます。
神棚を祭る場所に制約がなければどのような形や大きさのものでも納めるkとおができますが、現代住宅においては高さの制約が生じてしまうことが多くなってきました。

マンションであれば梁が出ているなどが代表例ですが、そのまま通常の形を祭ると下にきすぎてしまう。
また、天袋などに祭る人たちも増えてきましたので、この場合でも高さが問題になりやすい。

小さな神棚を探しているわけではない、大きな神棚で高さを低めにしたものはないだろうかというとき最適なのではないでしょうか。
定番シリーズとして作っている神棚です。

尚、弥栄シリーズには他のタイプもございます。
また、弥栄シリーズは屋根違い、祥雲シリーズは通し屋根となっています。

弥栄屋根違い三社 大型 低床型 【上品】

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告