おまかせ工房 大型サイズの神棚に最適な一尺サイズの金幣芯

神道祭壇、大型神棚、八足台ではよく使われるサイズ

高さ約30cm(一尺)サイズの金幣芯 日本製

高さが一尺になると大型の金幣芯の部類になるかと思います。
小型サイズの神棚などでは使うことはありません。
金幣芯の置き場所として扉の前がありますが、このサイズでは扉より大きくなることがほとんどなので、大型サイズの神棚でもほぼ置き場所が決まっていて、最前列もしくは階段前になります。

また、尺サイズの金幣芯は神道祭壇(神徒壇)でも多く使われます、そして八足台を持っている人の場合でも使います。
大型神具は値段もはりますが置き場所に合わせた大きさを用意していますので、全体のバランスを崩さない美しい祭り方をしてみてください。

小型サイズの神棚をお持ちの場合には、高さ17.5cmなどを利用すると綺麗にまとまると思います。
中型サイズの神棚の場合であれば高さ24cmぐらいが最前列に置くときにはいいでしょう。

しかし、金幣芯の置き場所、置き方にはこれと言って決まりごとはありません、それ故、どのようにしたらいいのか?という疑問もわいてしまいます。

神鏡との相性が抜群なので神鏡を手前に、そして金幣芯を後ろ側へ配置したいときにはそれぞれの大きさから判断をしてみてください。

おまかせ工房 金幣芯 一尺サイズ
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 金幣芯 一尺サイズ
このような神具も日本製もあれば外国製もあります、せっかくですので日本製神具で祭ってみてはいかがでしょうか。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

金幣芯の管理方法について書いておきたいと思います。
台座部分は手で触っても問題ありませんが、金幣部分は素手で触らないでください。
触った後には必ず拭いてください、そうしないと手脂が付いたままになってその部分が黒くなってしまいます。

また、いつでも光沢があるようにするためには金属磨きで年に一回ぐらい磨いてください。
研磨剤の使う量はわずかですが、一本持っていてもいい材料だと思います、きっと研磨剤一缶あれば何年、いや何十年と使えるかもしれない。
有名な金属磨き材として「ピカール」などがあります、それで十分です。

広告