おまかせ工房 神前すだれ・仏前すだれ

緑色の自然色は神仏の両方で合います

赤か緑のヘリ、そして黄色か自然の竹の色 4パターンあり

竹ひごの色染めで黄色くするのは神前では当たり前のように行いますが、神社などではそれでいいのですが家庭を黄色染めをした御簾だと目立ちすぎてしまうということがあります。
経験的なことを含んでいるので、一度はやってみないとわかならいかもしれませんが、小さな御簾であればさほど気にならない、しかし、大きな御簾の場合には全面黄色だとかなり目立ちますね。

家庭で神前、仏前の両方に落ち着いた雰囲気で御簾を掛けるであれば、「みどり色の縁、自然色の竹ひご」の組み合わせもいいと思います。
今回はその組み合わせで作った神仏前すだれのご紹介です。

神前御簾・仏前御簾を今まで見かけたことがない人はいないようにも思いますが、お座敷すだれではありません。
基本的にお座敷すだれと神仏前すだれは別物なので、使うべき場所は限定されています。

おまかせ工房 神前すだれ・仏前すだれ

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

最近は床の間の改良をする家庭が増えてきて、その床の間を神棚置き場、仏壇置き場にしてしまうことが多くあります。
そのとき床の間の上部が空いてしまうことが多いため、御簾を掛けておくだけで綺麗に納めることができることもあり、神仏前すだれの需要が家庭内でも増えてきました。

また、神棚の場合には天袋を利用することもあり、横長の空きスペースを利用して神棚置き場にすることもあるので、下がり寸法のやや短めで作る神前御簾も多く作ります。

おまかせ工房 神前すだれ・仏前すだれ

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

縁の材質としてテトロン生地と正絹生地の二種類を用意していますが、家庭で使うのであればテトロン生地で十分です、正絹生地は神社などで使うときに選択しますが、ご時世からか神社でもテトロン生地で作ることも多々あります。

なお、神前御簾、仏前御簾は作るのに時間がかかりますので、二週間ほどみておいてください。

広告