おまかせ工房 鎮物 簡易版 【上品】

奉鎮七種と大麻だけを埋めたいとき最適

簡単に手軽に鎮物を埋納できます

鎮物というのは屋敷だけに埋めるわけでもありませんので、人里離れた場所でもこっそり埋めている人たちもいると思います。
事ある場所に埋めることがありますね、離れの小屋などが良い例えです。

儀式めいた形式めいた埋納をしなくても気軽に埋めておけばいいものなので、簡易版というものを販売開始いたしました。

鎮め物と一緒に何かを埋めるものない場合には箱はいりませんので省いてあります。
これをそのまま埋めて完了します。
奉鎮と書かれているものの裏側に日付や名前などを書いておいてもいいと思いますが、簡略化してもそれもまた埋納方法のひとつなので自由に決めてください。

大麻で縛ったまま静かに埋めておけばいいだけのことです。

おまかせ工房 鎮物 簡易版

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 鎮物 簡易版

画像のような状態で出荷をしていますので、そのまま埋めておいてください。
中身の真鍮七種は見ることはないと思います。
もの凄く深く土を掘る必要はありませんので数十センチでいいでしょう。
掘り返すようなことがない場所に埋めることになります。

こっそりと埋めておきたい人が増えてきています。
祭事まで行う必要はなく、自分だけの思いで十分だということでしょう。

おまかせ工房 鎮物 しずめもの 鎮め物
鎮物(簡易版)は画像のように大麻を巻いて埋納します。
封は開けません。

すぐに作業に取りかかれるように、「埋めるだけ」の状態で届けています。

開封できませんので、何か入れておきたい紙などがあれば大麻で縛ったところに差し込む程度で十分だと思います。

箱入りタイプの鎮物の場合には箱の中に入れますが、こちらは簡易版なので同時に埋納するものがない人向けになります。

厳かに行うこともあれば、個人レベルで気が向いたときに埋納することもあります。

自分で行うことが大事ですね。

おまかせ工房 鎮物 しずめもの 鎮め物
鎮物の裏側には何も書かなくていいですが、日付や氏名などを書いておきたいときには記載しておいてください。

別紙に挟んで埋めておく方法もあります。

土の中に埋めるものでなので、七種以外は土に戻るものにすること。

七種の貢物は時間をかけて朽ちていきます。

七種は真鍮です。

おまかせ工房 鎮物 しずめもの 鎮め物
恐らく、この簡易版鎮物を手にするときには個人で埋納をしておこうと思ったときだと思います。

神事のように儀式めいた行為は特に必要ありません。

埋める時に土地の神様に挨拶をしておくといいでしょう。

どのぐらいの深さを掘ればいいのか?

それほど深い必要がありません、20cmぐらいでも十分ですが、雨水で表に出てきてしまうような気がしたら掘り下げて埋めておきましょう。

それでも50cmが限度ですね、それ以上の深さに埋めた人を見たことがありません。

おまかせ工房 鎮物 しずめもの 鎮め物
埋まりました、土を固める必要はありませんし、もう見ることもない。

鎮物はこっそり埋めておくこともありますね、個人の想いということです。

中古物件などの場合でも、ともかく自分でやっておかないと前住者の事はわかりません。

マンションなどでも空いている敷地に埋めたりします。

住居のみならず離れの小屋などを作ったとき埋めたりもする。

そういうときには簡易版鎮物で十分ですので、気軽に埋めておいてください。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告