おまかせ工房 三社の神棚に金幣芯を置く

置き方、台数、サイズの組み合わせは自由自在

国産神具で揃える神殿の良さ

知り始めると置いてみたくなる神具に金幣芯があると思いますが、一体どこにどのように置いたらいいんだろう?と調べている人もいるのではないでしょうか。
自由です、決まりなどありません。
ただ、こういう場合が多いです、、、という表現になります。

一社であれば金幣芯を二台使うことは滅多にありません、普通は一台。
そのとき扉の前に置くか、棚板の上に置くかに分かれます。
この場合には特に説明はいらないと思います。

三社であれば、例えば画像のように扉ごと置くこともあれば、中央の本社前に一台置くこともあれば、棚板に置く場合もあります。
さらに画像では同じ大きさの金幣芯を並べてみましたが、中央だけ一回り大きさな金幣芯を置いてみることもあります。
さらに・・・・という具合に、基本的に決まりごとがない神具なので、あれこれ考えたり調べたりしているようであれば一度やってみるといいのではないでしょうか。

おまかせ工房 金幣芯と三社
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 金幣芯と三社
画像のような上品神棚になると木目も綺麗なので神具も上手に並べたいですね。
金幣芯ではなく神鏡でも良いですね。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

今回は出神殿三社と金幣芯をモデルに撮影してあります。

広告