おまかせ工房 破魔矢の新しい飾り方・置き方・祭り方

桧製の専用品を使ってこそできる粋な飾り方

二本の破魔矢があるには訳がある

普段見慣れている光景に少しアクセントがつくと目立ちます。
通常、破魔矢と言えば一本が多いわけですが、夫婦で持つこともあります。
さて、夫婦で持ったり家族で持ったりしたときどのように飾っておこうか迷うようです。

二本ぐらいであれば一緒に飾るととても綺麗に飾れますね。
見栄え良く破魔矢を飾らないと意味がない。

おまかせ工房では神前破魔矢シリーズを製作していますが、神棚周辺に飾ることを前提に作っているものですが、場所を変えてみても良い感じです。
一本祭りのみならず二本祭りでも対応できるように二本式も製作を開始いたしました。

神前破魔矢差しを作った参考例
これは長さ40cmの破魔矢と70cmの破魔矢で矢尻のないタイプのものです。
おおむねこの長さの破魔矢は太さが10mm弱(9.5mm)が多いので直径10mmの穴を開けてあります。
破魔矢差しは正方形の台座になっているので横並びのみならず、縦置き、横置きなどかなり柔軟に配置できるのではないでしょうか。

おまかせ工房 破魔矢差し 横並べ
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 破魔矢掛け 二段式
おまかせ工房 二段式破魔矢掛け
神前破魔矢掛け二段式を使った参考例
従来の一段式に加えて二段式をレパートリーに加えました。
使った破魔矢の長さ70cm~100cmほどになります。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 破魔矢置き 二段式
神前破魔矢置き二段式を使った参考例
長さ70cmの破魔矢と長さ90cmの破魔矢を乗せたときの例です。
こちらも従来の一段式に加えたレパートリーになります。

二段式破魔矢は一段式と同じスペースで置いたり掛けたりできるようになっています。
神前は狭いことが多いのでそのほうが使いやすいわけです。
また、部屋の壁に掛けたり、サイドボードの上に置いたりするときでも、コンパクトになっている方が良いと思います。

広告