おまかせ工房 八足台 八脚案 長尺スタイル 桧製 上品

幅に対して高さをつけた神棚設置台

使いやすいのでよく作る形 長尺スタイル

八足台は使う人に合わせて作っていますので様々な形があります。
今回は高さに対して幅が狭い、細長タイプの八足台を紹介してみたいと思います。
比較的、このような細長タイプの八足台は作る機会が多いのが特徴的で、これは一段式ですが二段式、三段式なども作ります。

幅1尺5寸~3尺ぐらいが多いです。
高さは2尺~5尺が多いです。
段数は、1段、2段、3段とここは用途に応じて分かれます。
つまり、この範囲で様々な八足台が出来上がるということです。

ここで大事な事を書いておきます。
今回の例のように縦長スタイルの場合には、100%組立式で作ります。
そのため強度が増します、このような形で固定式で作ることはしません。

おまかせ工房 八足台 八脚案 長尺スタイル 桧製 上品

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 八足台 八脚案 長尺スタイル 桧製 上品

神棚を吊り下げないという表現で伝わると思いますが、天井付近で祭らないときには何かしらの置台を使うことになりますが、よく言われることは「上から下までの空間をとったほうがいいです」ということです。

棚板などを設置したときでもその下には何も置かない方がいいということ。
下に置いたとしてもその上側には何かあるようなことがないようにということ。

実生活の場ではなかなかそういう風にもいかないことがありますね。
出来なければ出来ないでしかたがい、気持ちだけで十分。
しかし、もし出来るようであればしてみてもいいでしょう。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

このような八足台(八脚案とも言います)を使うことにより、上から下までの空間を上手に使うことができます。
また、年齢的に手を上げたり、踏み台に乗ったりすることが出来づらくなってきたときには、八足台の上を利用すると見栄えよく美しく神棚などを祀ることができます。

おまかせ工房 八足台 八脚案 長尺スタイル 桧製 上品

広告