おまかせ工房 ガラス箱宮18号三社 【上品】

明るい神棚になると評判の特製ガラス箱宮すだれ付きシリーズ

18号とは幅が1尺8寸サイズということです

神明造りの神棚を内部に納めたガラスケース入りの箱型神棚のご紹介です。
こちらの製品はシリーズになっています、一社、三社(大中小)の4パターンを作っていますが、全て御簾を付属してあります。

12号 外寸 高さ39cm 幅37cm 奥32cm 一社。
16号 外寸 高さ39cm 幅48cm 奥32cm 三社小型。
18号 外寸 高さ39cm 幅55cm 奥32cm 三社中型 今回紹介しているもの。
20号 外寸 高さ41cm 幅61cm 奥32cm 三社大型。

また、もう一種類「ガラス本雅三社神殿」がありますが、これは箱宮の原型で贅を尽くした神棚になりますのでこちらのシリーズではありません。

【神具】ガラス箱宮18号(神棚)
—詳しい紹介—
外寸 高さ39cm 幅55cm 奥32cm
内寸(本社) 高さ25cm 幅34cm 奥4cm

備考

内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。

両サイドはガラス面 前面は引きガラス
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。

神前房の色が二種類ありますのでご指定ください。(青色と赤色)
特に指定が無い場合には青色の房となります。

神前房とは御簾の前に垂れている二個の房(ボンボン)のことです。

おまかせ工房 ガラス箱宮18号三社 桧 上品
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 ガラス箱宮18号三社 桧 上品

正面のガラスは使うことも取り外しておくこともできますが、左右のガラスはそのままです。
内部に榊を入れてしまうと箱宮の場合には葉が広がりすぎることがありますので、榊立ては引き出し部分に置いておく人たちが多いようです。
神具などは一回り小さなものを使うと内部に空き空間を作ることができるので、おまかせ工房の極小神具セットを使うといいでしょう。
全て国産神具で揃えてあります。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 ガラス箱宮18号三社 桧 上品

広告