おまかせ工房 ガラス箱宮18号三社 すだれ付き 【上品】

ガラスケースに入った三社神殿の神棚

すだれ付きのガラス箱宮神殿18号(幅1尺8寸)

神棚を製作するとき10号(幅1尺)、12号(幅1尺2寸)、16号(幅1尺6寸)そして20号(幅2尺)となることが多いわけですが、今回は18号(幅1尺8寸)サイズのガラス箱宮神殿のご紹介になります。
なお。20号の次は27号(幅2尺7寸)になります。
おまかせ工房でも18号サイズの神棚は種類としては少ないです。

特製箱宮シリーズとして作っているので、どのサイズであってもイメージはほとんど変わらないようにしています。
一社のみ観音開きにしてあります。

【神具】ガラス箱宮18号(神棚)
—詳しい紹介—
外寸 高さ39cm 幅55cm 奥32cm
内寸(本社) 高さ25cm 幅34cm 奥4cm

備考
内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
両サイドはガラス面 前面は引きガラス
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。
神前房の色が二種類ありますのでご指定ください。(青色と赤色)
特に指定が無い場合には青色の房となります。
神前房とは御簾の前に垂れている二個の房(ボンボン)のことです。

おまかせ工房 ガラス箱宮18号三社 すだれ付き 上品

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 ガラス箱宮18号三社 すだれ付き 上品
箱宮神殿の中に入れてある神棚は、単体で作っている神棚とは違います。
箱宮用として作っている神棚になりますので、お宮のみ取り外して祀っておくことはできません。
箱型の神棚はお宮と外箱が一緒になって初めて神棚となります。

以前、ガラスケースと中のお宮を分離してケースは別の目的で使いたい、そして神棚部分は神棚としてこれまた別のところで祭りたいという人がいましたがこれはできません。

おまかせ工房 ガラス箱宮18号三社 すだれ付き 上品
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

正面のガラスは4枚差し込むようにして使いますが、毎日取り替えなどを行う場合にはガラスを使わないこともあるようです。
画像のように中2枚だけ開けっ放しという方法も使いやす方法です。

引き出しは榊立てを置くときに役立ちます。
箱宮神殿全般に内部に榊立てを置き生榊を入れておくと葉が広がりすぎて神殿を覆い隠してしまうことがあります。
そのような場合には引き出しを利用してみてください、そのため全ての箱型神殿には引き出しを取り付けています。

おまかせ工房 ガラス箱宮18号三社 すだれ付き 上品

広告