おまかせ工房 八足台の段差はどのぐらいがいいのか?

二段式、三段式の八足台の段差

いろいろ作ってきましたが決まりがありません

神棚の製作販売と違って八足台の製作販売は場数を踏んでいないととても難しい仕事になってしまいます。
ひとつはこれから作ろうと考えている人たちと話をする機会が少なからずありますが、そのとき八足台をどのように使いたいのかという要望から寸法を決めることがあるからです。

1段式では段差はありませんが、二段式、三段式となると段差があります。
仮に三段式であれば段差が二箇所になりますが、この二箇所は同じ高さで作ることがほとんどです、しかし、変則として違う段差を作ることもある。

さらにそれぞれの段で違う奥行き寸法で作ることもあります。
例えば、二段式であれば奥側を一尺、手前側を8寸の奥行きで作ることも可能。
それぞれの使い勝手の良い形で製作をしていきます。

段差については個人個人違いますが、目安としては12cm~30cmぐらいの段差をつけて作っていくことが多いです。
経験的には15cm~21cm、つまり、各段5寸~7寸ぐらいの段差が多いようにも思います。
あとは何を置きたいのかがはっきりしていれば、それを乗せた時にちょうどいい高さになるように作るだけです。

おまかせ工房 八足台 二段式 三段式

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 八足台 二段式 三段式
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房では高さのある長尺スタイルの八足台をよく作らせてもらっています。
神棚を置く台です、天井付近に設置する棚板形式ではなく、台の上に乗せて祭る八足台形式。
高さ90cmを超えるようであれば組立式八足台で決まりです、強度の面でも優れています。

高さ130cm~150cmで作ることが多い、また、このぐらいの高さにして神棚を置くとちょうどいいわけです。

そのとき一段式であれば高さはひとつなので考えることがありませんが、二段式、三段式になってくると、どのぐらいの段差がいいんだろうか?という相談をよく受けます。
また、神棚に手が届かなくなった、踏み台に乗ってお供えの取り替えが億劫になった、ということがあります。

棚板形式から八足台形式に切り替えると全く別の雰囲気が生まれます。

おまかせ工房 八足台 二段式 三段式

参考:上が高さ150cm、下が高さ80cm。

おまかせ工房 一段式 組立八足台

広告