おまかせ工房 神鏡3寸と御札舎本一社大型の組み合わせ

御札をシンプルに祭る参考例

神鏡、金幣芯を使うことが多い御札の祭り方

神仏用品を選ぶとき、ゴージャスなゴテゴテしたものを選ぶ人もいれば、スマートでシンプルなものを選ぶ人もいます。
どちらがどうしたという話ではありませんので、その場に合った、気分に合ったものを選んでみるといいと思いますが、今回はシンプルデザインのご紹介になります。
モノをどんどん端折ってしまうとある一線で、これでは足りない、と思うときがあります。
また、モノをどんどん増やしてしまうと同じく、これでは多すぎる、と感じることがある。
どのぐらいが良いのか?どのぐらいから初めてみるといいのか?
そのときの参考例として、「神鏡3寸」「御札舎本一社大型」の2つだけを使って、シンプルな祭り方の参考例になります。

御札舎本一社については小型、中型、大型とありますが、中型・大型については小さな引き出しを取り付けてありますので、そこへ「神鏡」「金幣芯」「水玉」「お餅やミカンなど」を乗せておくことができます。

また、その形状から簡易タイプの御霊舎として使うこともありますので、神鏡や金幣芯との組み合わせはよく似合います。

おまかせ工房 神鏡3寸と御札舎本一社大型の組み合わせ

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 神鏡3寸と御札舎本一社大型の組み合わせ
引き出しを全部出さずに、画像のように厚み分だけ引き出しておきます。
また、御札舎シリーズは希望によって「壁掛け仕様」にすることもできますので、背面に吊り下げ金具を取り付けておけばこの状態で掛けておくことも可能です。

壁掛け時に引き出しを引き出すときには固定をしておく方がいいので、そのときには接着などをしてしまうほうが落下の心配ははないと思います。

おまかせ工房 神鏡3寸と御札舎本一社大型の組み合わせ

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

御札舎本一社には本三社もあります。

広告