おまかせ工房 ガラス箱宮16号三社の祭り例

幅50cmクラスの一尺六寸箱宮の祭り例 16号サイズ

明るい神棚と定評のあるガラス箱宮三社シリーズ

おまかせ工房では特製箱宮神殿シリーズとして、幅1尺2寸、幅1尺6寸、幅1尺8寸、幅2尺サイズのガラス箱宮を作っています。
その中から幅50cmほどのガラス箱宮三社を使って、神具一式を並べたときの祭り例のご紹介です。
最初はどのぐらいの大きさの神具が適当なんだろうかと考えることもあるようですが、極小神具を使えばこれだけ一同に収めることができますので、後は必要なものを足したり引いたりするときの参考になるのではないでしょうか。

箱宮神殿の場合、「榊立て」は引き出し側に置いておくことが多いようですが、榊自体を剪定して小さくした場合には内部でも入れておくことが可能です。
また、榊立ての変わりに真榊を置いておくことも箱宮神殿の場合にはよくあります。

【神具】ガラス箱宮16号三社 神棚
—詳しい紹介—
外寸 高さ39cm 幅48cm 奥32cm
内寸 高さ25cm 幅29cm 奥4cm

内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
両サイドはガラス面 前面は引きガラス
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。

今回使った神具セット【上彫神鏡1.5寸と神具一式極小セット】
上彫神鏡1.5寸 高さ約9.2cm
真榊 丸台 小豆:木製木軸台仕様 高さ24cm
かがり火高さ約6cm
セトモノセット(豆)皿2枚(1.5寸)、水玉1個(1.3寸)、平子1対(2寸)、榊立1対(3寸)
豆八足台6寸

おまかせ工房 ガラス箱宮16号三社の祭り例
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 ガラス箱宮16号三社の祭り例
幅50cmほどの神棚はコンパクトサイズと言ってもいいと思います。
場所を選ばず祭っておけるサイズとしてよく使われる大きさになりますが、コンパクトサイズゆえに神具をどの程度置いておけるのかが気になるところ。
画像のように小さな神具を使えばほぼフルセットに近い状態まで窮屈なく配置できる大きさなので、気にすることは一切ありません。

おすすめなのは「極小神具セット」ですが、祭り方には個人差がありますので、神鏡は一回り大きくしてみたり、金幣芯を置いてみたりと多少の変化もいいでしょう。
おまかせ工房の神具は国産神具を採用しているので、その辺も安心できると思います。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

箱宮神殿には全て引き出しがあります、内部だけでは収まりきれないときには重宝しますので、お供えの増える時期などは利用して上手に祭ってみてはいかがでしょうか。

広告