おまかせ工房 御守を祀る 小型神棚の祭り例

小宮一社 尾州桧の小型神棚を使った参考例

持ち歩かない人には良いと思います

小宮一社中宮一社の2つのサイズの神棚は超小型神殿として作っているシリーズになりますが、この小型の神棚を御守入れとして使うことがありますので、今回はその参考例です。
御守も身につけておく人もいれば、持ち歩かない人もいるようです。
子供であればランドセルなどにくくりつけておくのはよく見かけると思いますが、他にはバッグなどにブラブラさせているというのも目にします。
しかし、無くしやすい。
そこで御守入れとして超小型神殿を使います。

おまかせ工房 御守を祀る 神棚で御守を祭る
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 御守を祀る 神棚で御守を祭る
小さな神棚の使い方、使いみちとでも言うのでしょうか、様々な使われて方をしますが御守を祀るということは比較的多いようです。
おまかせ工房の上品シリーズとして作っているので、三社などの横に置いてもいいかもしれません。

今回は「小宮一社」を撮影しています。
御守のときには扉を開けておく人が多いように感じます、小宮一社の場合には小型なので金具を縦にして扉を開けておくといいでしょう。
中宮一社の場合には金具はそのままの状態でも大丈夫です。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告