おまかせ工房 本大和正絹縁 神前御簾

赤色の縁 黄色染め 典型的な神前御簾

正絹縁とテトロン縁があります

おまかせ工房では神仏前すだれを作っていて、今回はその組み合わせの中から「正絹縁」「赤色の縁」「黄色染め」という典型的な神前向けの御簾を紹介してみたいと思います。
神前では「赤色の縁」ではなく「緑色の縁」にすることもあり、「黄色染め」ではなく「自然色」にすることもあります、要するに神前においては決まりごとがあまりありません。
ただ、「赤色の縁」「黄色染め」のパターンは神社などではお馴染みだと思います。

縁は2種類用意をしていて「正絹縁」「テトロン縁」。
正絹縁はとても高価な縁になります、一般的には本職の人たちであれば使いますが、今ではテトロン縁でも使われることが増えつつあります。
今回は「正絹縁」でのご紹介です。

初めて神前御簾、仏前御簾を作ろうとする場合には、既成品のような事前に作っているものがあると勘違いをされていることが若干ですがありました。
このような特殊な御簾は事前に製作をして置いてあるものは一枚もありません

おまかせ工房 正絹縁 神前御簾

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 正絹縁 神前御簾
おまかせ工房では1999年9月8日からネット通販を始めていますが、当時はこのようなものを知る機会がほとんどなかったようですので認知度も低かったわけですが、今では家庭でも多く使われています。
大きな御簾を家庭では使いません、一間幅以下がほとんどです。
天袋を改良した神棚設置場所、床の間、押入れなどのくぼみ箇所を利用した神棚、仏壇の設置などをするときには一枚手前に掛けておくだけでそれらしく見えると思います。

おまかせ工房 正絹縁 神前御簾
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

神前御簾、仏前御簾の製作期間はおおむね2週間はかかります。

広告