おまかせ工房 長尺スタイルの組立式八足台 神棚の祭り方

棚板から八足台に切り替えて神棚を祭る

高さ高めで作る長尺スタイルの組立式八足台

八足台を作るとき高さの決まりはありませんので、使う側が決めてもらう必要がありますが、そのとき高さ3尺(約90cm)がひとつの区切りとなります。
3尺以下であれば固定式と組立式で作れます、3尺超えであれば組立式のみになります。
これは組立式の方が強度面で強いこともありますが、天板と脚の組み合わさる要の部分に3尺を超えると力が加わり始めるので固定式で作ると破損しやすいわけです。(テコの原理を参考にして考えてみてください)

ところで、神棚設置台として八足台を利用する人たちが増えてきて、従来の棚板で祭ることから八足台で祭ることへ切り替えていくのが目立ちます。
八足台を置く場所がないといけませんが、床の間を利用する場合でも八足台はよく使います。
置けばいいだけなので取り付け不要、賃貸物件の場合には穴を開けずに済みます。
上から下までひとつの空間でいられるのは魅力のひとつでもあります。

お供え物を置きやすい、交換しやすいというのは年齢的なことも大いにはらんできて、交換するときに棚板では手が届かない、肩が上がらない、踏み台に乗らないといけない、、、などの体の事情も出てきます。
八足台を神棚設置台として家で使うととても使いやすいと思います。

二段式、三段式などにしたら段差が作られるのも使い勝手の面であれこれ今までしてみたかったことができるようになります。
下記の画像は高さ5尺 幅2尺5寸(高さ150cm 段差15cm 幅75cm)になります。

おまかせ工房 長尺スタイルの組立式八足台 神棚の祭り方
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 長尺スタイルの組立式八足台 神棚の祭り方
八足台の天板は一枚物を使います。
何段で作るのかを決めてください。
天板の幅は何寸何尺で作るのか指定をしてください。
天板の奥行きは基本8寸ですが、1尺まで製作可能です、8寸超え~1尺の場合には2割増になります、これは天板の奥行きは樹木の樹齢を意味していてその分高くなるからです。
八足台の高さ寸法を決めてください。
二段式、三段式の場合には各段の高さを自由に決めることができますが、4寸~6寸ぐらいの段差で作ることが多いです。
例えば、下記の画像の場合には段差は5寸(約15cm)です。

おまかせ工房 長尺スタイルの組立式八足台 神棚の祭り方

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 長尺スタイルの組立式八足台 神棚の祭り方

広告