おまかせ工房 欅 通し屋根三社 小型サイズ 【上品】

大きさのわりには重みがある神棚 欅という素材の魅力

「欅」と「新欅」とは別物の素材になります

欅(ケヤキ)の特徴は木目の強さ、そして堅さ、そのため同じ大きさの桧の神棚に比べるとズシッとくる重さがあるというのが持ってすぐにわかる特徴的な部分です。
おまかせ工房では屋根違い三社と通し屋根三社のそれぞれ小型と中型サイズの神棚を用意しています。

見た目の色合いも桧とは全く異なります。
桧の神棚に慣れていると桧製を選ぶと思いますが、一度、欅の神棚を選ぶと次も欅になる場合がとても多い、コアな特徴を持っている神棚でもあります。
それだけ好きな人には魅力がある神棚という言い方もできると思います。

近年、欅の神棚が比較的高いため「新欅」という名称で似たような安価なものも多く出回っていますが、「欅」と「新欅」とはそもそもの素材が違いますので、欅の神棚がいい場合には「欅」のほうを選ぶようにしてください

欅通し屋根三社 小型 神棚
—詳しい紹介—
外寸 高さ38cm 幅52cm 奥24cm
内寸 高さ26cm 幅29cm 奥6cm
内寸とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。

おまかせ工房 欅 通し屋根三社 小型サイズ
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 欅 通し屋根三社 小型サイズ
欅という素材はその堅さゆえ、昔は大黒柱に使われていたようですが、現代ではそのような使い方をしたいと思うと柱一本の値段でびっくりしてしまうこともあります。
薄くスライスして天井の板にしたりするのはまだまだ見受けられる建築資材としての欅の使い方かもしれません。

堅い素材は加工がしずらいので曲線を使ったようなデザインで欅を使うことは稀。
神棚製作の現場においても直線で加工していくことが多いはずです。

おまかせ工房 欅 通し屋根三社 小型サイズ
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告