おまかせ工房 富士三社 小型サイズ 尾州桧 神棚の祭り例

唐戸の三社 ロングセラーの神棚に神具一式を加えたときの参考例

次に取り替えるときでも同じものを選ぶ人が多い神棚

おまかせ工房の神棚は息の長い商品が多いのが特徴ですが、今回の富士三社シリーズも当初から作っているロングセラーな神棚になります。
同じものを長く作っているということは利用者がいるということになります。
神棚は何かの節目のときに取り替える人たちが多い、そのとき別のものにすることもあれば、同じものを選びたいときもあります。

単発の奇想天外なデザインのものは嗜好性が強く、そのときには良くみえることもありますが、次に取り替えたいときにはもう作られていないことも多い、奇をてらう商品ではないものは地味ながら実直なものが多いので定番の神棚として長く使われているわけです。

尾州桧で作る唐戸の三社・・・富士神殿小型サイズと上彫神鏡1.5寸と神具一式極小セットを組み合わせたときの参考例になります。
今回は極小神具セットを使いましたが、富士三社小型サイズは若干大きめになります。
置き場所、祭り方次第では神具セットを全体にワンサイズ上げてみてもいいかもしれません。

【神具】通し屋根神殿 三社富士 小型 尾州桧 神棚
—詳しい紹介—
外寸 高さ41cm 幅59cm 奥23cm
内寸 高さ26cm 幅33cm 奥6cm
備考
内寸とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
扉は「唐戸」です。
材料:尾州檜

今回使った国産神具は【上彫神鏡1.5寸と神具一式極小セット
 上彫神鏡1.5寸 高さ約9.2cm
 真榊 丸台 小豆:木製木軸台仕様 高さ24cm
 かがり火高さ約6cm
 セトモノセットB(豆)皿2枚(1.5寸)、水玉1個(1.3寸)、平子1対(2寸)、榊立1対(3寸)
 豆八足台6寸

おまかせ工房 富士三社 小型サイズ 尾州桧 神棚の祭り例

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

神棚の軒下を超える高さのある真榊ではバランスが悪いので、今回は真榊小豆を使ってあります。
神鏡のサイズも1.5寸ですので2寸でもいいかもしれません。
ただ、神鏡を神具の最前列や階段前など棚板の上に置くような感じで配置をする場合には2.5寸でもいいかと思おいますので、どこに置きたいのか次第の話になります。

セトモノセットはこのサイズでいいかと思います、「B豆」という最も小さなセトモノセットです。
このセトモノも全て使う場合であれば棚板の空間を使うので小さなもので十分ですが、数を少なく、例えば豆八足台の上に乗せるものだけとか、米、水、塩だけとかいう場合にはワンサイズ大きくしてもいいかと思います。
どのぐらいの棚板サイズを使うのか、左右にどの程度の空きがあるのかをよく見極めてみてください。

おまかせ工房 富士三社 小型サイズ 尾州桧 神棚の祭り例

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)