おまかせ工房 極上御霊舎 尾州桧 中型サイズと金幣芯、神鏡の組み合わせ参考例

御霊舎には神鏡、金幣芯を祭ることが多い

シンプルな御霊舎の祭り方

御霊舎は霊璽を入れる関係で「祭る」というより「祀る」に近い意味合いがあるかもしれませんが、神具なので「祭り方」の参考例になります。
御霊舎の場合には神具の置き方で神棚のようにするのか、それとも別の行い方があるのか思案してしまうこともあるかもしれませんが、別段、その区別なく神具をおいておきます。
ただ、神鏡はほぼ使うことが多く、目立っているのは金幣芯を使う人たちが多いという点です。

そのため神鏡と金幣芯の同時置きを参考例にしてみたのが今回の内容になります。
神具はこの他に増やせばいくらでも増やせますが、シンプルな参考例を提示したいため神鏡、金幣芯のみで仕上げてあります。

【神具】 極上御霊舎 中型 尾州桧 海老錠付き
—詳しい紹介—
外寸 高さ48cm 幅42cm 奥行30cm
内寸 高さ35cm 幅27cm 奥行15cm
備考
内寸とは中心扉の内側、すなわち御霊を入れる空間を指します。

今回使った国産神具は
神鏡3寸・・・高さ約15.7cm
上彫神鏡2.5寸・・・高さ約13.3cm
金幣芯 大型サイズ・・・高さ約17.5cm

おまかせ工房 極上御霊舎 尾州桧 中型サイズと金幣芯、神鏡の組み合わせ参考例

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 極上御霊舎 尾州桧 中型サイズと金幣芯、神鏡の組み合わせ参考例

神鏡3寸を置いたときにはこのようになります、さらにワンサイズ大きくても良いと思いますので神鏡4寸でも合います。
神鏡にしても金幣芯にしても扉の前に置いてみましたが、もし、桧のヤケが気になるようであれば下段に置いてみるとヤケ跡が残りません。
桧というのは電気の灯りでもヤケてきます、そのヤケにムラが残らないようにするには本体には何も乗せないことですので、もし、気になるようであればそのようにしてみてください。

御霊舎で海老錠は必要になります
この海老錠は祭事の前には外しておくことを薦めています。
海老錠の開け方はテクニックが必要になるので、慣れないと開けづらいこともあって、神職などが見ている前だとなかなか開けられないことがしばしば起こります。
落ち着いているときと誰かに見られているときでは勝手が違うものなので、祭事前に開けておいて錠前は手前などに置いておきましょう。
普段はカギを挿してそのままにしておくのがカギの紛失を防げますのでそうしてください。

おまかせ工房 極上御霊舎 尾州桧 中型サイズと金幣芯、神鏡の組み合わせ参考例

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告