おまかせ工房 御札舎本三社 尾州桧の祭り例

御札舎は木箱のような神棚

簡易的な御霊舎としても使えます

尾州桧で作る御札舎シリーズには一社用(大中小)と三社用(ワンサイズのみ)の4種類を用意していますが、今回は三社の御札舎を使った祭り例のご紹介になります。

馴染みのある通し屋根や屋根違いの神棚とは違い、箱型タイプでしかも木箱タイプという神棚になりますので、神道で使う御霊舎のようなものとしても利用されています。
その御札舎本三社に神具を用意しようと考えたときの大きさをどのように選べばいいのかがこの祭り例でわかりやすくなります。

【神具】御札舎 本三社 尾州桧 神棚
—詳しい紹介—
外寸 高さ35cm 幅31cm 奥18cm
内寸高さ26cm 幅8cm(3枚) 奥5cm
備考
内寸とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
飾りなどを廃し御札のみを入れるための神棚です。
一般な的な箱宮とは違い中にはセトモノセットなどは入れません。
一見、神棚とは見えないと思いますので、洋間などに最適です。
置いて使うことになりますので吊り金具などは付けることができません。

今回使った国産神具は【雲水彫神鏡1.5寸と神具一式極小セット
 雲水彫神鏡1.5寸 高さ約9cm
 真榊 丸台 小豆:木製木軸台仕様 高さ24cm
 かがり火高さ約6cm
 セトモノセットB豆
 豆八足台6寸

おまかせ工房 御札舎本三社 尾州桧の祭り例

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 御札舎本三社 尾州桧の祭り例

御札舎本三社には引き出しを取り付けてあります。
その引き出しを利用してみましたが榊立ては引き出しの外に配置してもいいかもしれません、もっと余裕のある祭り方になるのではないでしょうか。
なお御札舎本一社の場合には中型、大型に引き出しを取り付けてあり、小型は引き出し無しという仕様になっています。

おまかせ工房 御札舎本三社 尾州桧の祭り例

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)