おまかせ工房 出神殿三社 尾州桧 小型サイズの祭り例

薄型仕様の神棚三社 極小神具と組み合わせてみました

手前を広く使いたいとき薄型はよく使われます

小型一社もしくは薄型三社のようなスタイルの神棚を探している場合には、手前に空きがないことが多いと思います。
神棚の棚板であれば奥行き30cmぐらいは通常ありますので、小型サイズの神棚でも手前に寝具類やお供え物を置くことは普通にできますが、さらに狭い場所、奥行きがない場所では「祭る」ということができにくいことも考えられます。
そのような空間では薄型の神棚を使うこともありますので、通常の三社神殿のような階段や高欄などがありませんが、小型一社の三社版のような出神殿三社はよく使われています。

【神具】 出神殿三社 小型 神棚
—詳しい紹介—
外寸 高さ36cm 幅52cm 奥10cm
内寸 高さ27cm 幅8cm 奥3cm
末社 高さ27cm 幅8cm 奥3cm
備考
内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
同じく末社とは三社以上の時の左右の扉内の空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州檜

今回使った国産神具は【雲水彫神鏡1.5寸と神具一式極小セット
雲水彫神鏡1.5寸 高さ約9cm
真榊 丸台 小豆:木製木軸台仕様 高さ24cm
かがり火高さ約6cm
セトモノセット(豆サイズ)
豆八足台6寸

おまかせ工房 出神殿三社 尾州桧 小型サイズの祭り例

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 出神殿三社 尾州桧 小型サイズ
神棚の設置の仕方として「置く」「吊るす」がありますが、壁掛けとして利用する方もいるようですので、そのときには三角カンのような小さな金具で十分ですから、裏側に取り付けておけば壁掛け仕様にもできます。

今回は神具一式セットを使ってみました。
この出神殿三社の場合にはそれぞれの扉の前に神鏡を置く、金幣芯を置くということをする人もいますので、祭り方はいろいろということです。

神具の大きさの目安という点でも祭り例は参考になるのではないでしょうか。

おまかせ工房 出神殿三社 尾州桧 小型サイズの祭り例
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告