おまかせ工房 富士三社 尾州桧 大型サイズ

定番の三社 尾州桧で作る通し屋根神殿 富士三社

富士三社 大型サイズは幅2尺5寸仕様の神棚になり、棚板で仕様する場合には2尺5寸以上のものが必要になるので、かなりダイナミックな祭り方ができるかと思います。
近年はとかく小型化、ミニマムサイズの神棚が使われる傾向があり従来型の神棚サイズのもの自体の数が少なくなってきていますが、おまかせ工房では定期的に神棚を取り替える人たちも多いので定番シリーズとしてしっかり残してあります。
息の長いロングセラーの神棚を探しているときにはオススメしたい神殿です。

元々、この尾州桧で作る神棚シリーズは上位機種のような位置づけになりますので、同じ素材で作る一社神殿を横に置いたときでも木目の統一感があり違和感がないのも特徴的な部分かもしれません。
そのため棚板幅が4尺程度のものであれば三社の左右に一社を置くような祭り方をする場合もあります。
ともかく扉などの木目の一体感があるので、並べて置くなら尾州桧の神棚がよろしいのではないでしょうか。

【神具】通し屋根三社 富士 大型サイズ 神棚
—詳しい紹介—
外寸 高さ46cm 幅76cm 奥29cm
内寸 高さ30cm 幅44cm 奥8cm
備考
内寸とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
扉は「唐戸」です。
材料:尾州檜

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

富士神殿はより実物の神殿に近づいてくように細部に加工をしてあります。
高欄の組み方、幕板の角処理、支柱などは見てとれるかと思います。

小型サイズ・・・外寸高さ41cm 幅59cm 奥23cm
中型サイズ・・・外寸高さ42cm 幅65cm 奥23cm
大型サイズ・・・外寸高さ46cm 幅76cm 奥29cm

デザインとしてはシンプルな通し屋根、そして唐戸。
こういうゴテゴテしてない神棚のほうが今も昔もよく使われる傾向が強いので、飽きられない神棚として半世紀以上前から製作をしているのだと思います。
富士神殿の特徴として、次回取り替える場合でも同じ型の神棚にすることがとても多い、サイズは同じかアップするかです、サイズを下げる人はまずいません。
そのため同じ素材で作り続けているとも言えます。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)