おまかせ工房 箱宮神殿と神具一式セットの祭り例

おまかせ工房の神具一式セットを使った箱宮の世界

限られた空間でも一通りの神具を並べることが可能です

【神具】ガラス箱宮神殿 注連縄付き 中型 吊下式・壁掛け可能 神棚
—詳しい紹介—
外寸高さ39cm 幅54cm 奥32cm
内寸(本社)高さ25cm 幅34cm 奥4cm

内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。これは吊り下げることもできるタイプのものです。
材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。

 

雲水彫神鏡1.5寸と神具一式極小セット 上品 神饌(お供え)【全て国産神具】
—詳しい紹介—
雲水彫神鏡1.5寸 高さ約9cm
真榊 丸台 小豆:木製木軸台仕様 高さ24cm
かがり火高さ約6cm
セトモノセット(豆)皿2枚(1.5寸)、水玉1個(1.3寸)、平子1対(2寸)、榊立1対(3寸)
豆八足台6寸

全て上品で取り揃えた神具です。
極小サイズの神具セットで、小型神棚から箱宮まで対応できる寸法で各神具を構成してあります。
一番小さな神具の組み合わせになりますので、神棚の棚板や箱宮の内部の空間を少し作っておきたいときには便利です。

なお、当店の神棚表記で「小」「中」「10号」「16号」「17号」「18号」が書かれていればちょうどいいサイズだと思います。
神具の置き方はいろいろありますので。3パターンで画像を構成してあります、ご参考まで!

おまかせ工房 箱宮神殿と神具一式セットの祭り例
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 箱宮神殿と神具一式セットの祭り例
まだまだ余裕がありますが詰めすぎることは避けたいので、神具一式セットとして販売している組み合わせのみの構成です。
榊立てについては小さな榊であれば箱宮神殿の内部でもいいと思いますが、大きな榊の場合には引き出しを利用して手前に置いてもいいでしょう。

かがり火は実際に灯明できますが、火も危ない、煤も出る、消し忘れ、、、いろいろ不安材料がありますので、箱宮の場合にはローソクを差すだけでいいと思います。

セトモノ類は配置にしては決まりがありません。
最初は教科書のような置き方をしていても自然と自分流の置き方になりますので、いろいろ試してみてはいかがでしょうか。

神鏡を今回は本社の扉前に置きましたが、最前列にもってくることもあります。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告