おまかせ工房 祓串 はらえぐし 大麻 おおぬさ 小型サイズ

神棚など神前の置く 御霊舎の前に置く

大きな祓串をそのまま小さくしたようなもの

この祓串は手に持って振るような大きさではなく、神棚や御霊舎などの側に置いておくものになりますが、大きな祓串同様の素材を使って作ってあります。
台座には桧の台軸、和紙の紙垂、大麻、正絹の結び糸
小さなものですが本格的なものを作りましたので、小型神具にありがちなプラスティック製や代替素材で作ったようなものではありません。

大きな祓串と同じように軸は抜き差しできますが、基本、挿したままの状態で置くだけという使い方になります。

神棚で置きたい要望が多々ありましたので作ってみましたが、その配置場所としては左右に置く、扉の前に置く、一番正面に置く、金幣芯と一緒に置く、神鏡と一緒に置く、豆八足台の上に置く、、、そしてそられを組み合わせてアレンジした置き方をするという具合に、かなり個人差のある配置方法が楽しめると思います。

和紙の紙垂、そして、大麻の部分については、いづれ個人個人のしたいように取り替えることもあるかと思いますが、特に和紙についてはかなり細く切る必要があるので、大きな祓串のような飾り付けは避けましょう、切れてしまいます。
全てを大麻仕様にしてしまう場合も考えられますので、そこの部分については大麻の入手は各々で行ってください、ただ、この祓串で使う量だけ入手するのは難しいと思いますので、量り売りをしているところを探してみてください。

おまかせ工房 祓串 はらえぐし 大麻 おおぬさ

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 祓串 はらえぐし 大麻 おおぬさ
修祓ではお馴染みの神具なので、人生の内に一度や二度はその行為に当たったことがある人たちはとても多いと思います。
他にも様々な神事で登場してきますので、その汎用性はとても広い。
そのためご自身の神棚にも一本、二本、三本・・・と置くわけですが、手に持ち振るようなサイズでは神棚には置けませんので、このような本格的な祓串でありながら小型サイズを実現しうたものを使ってみてはいかがでしょうか。

和紙と大麻の部分については、揉んでクシャクシャにして慣らしてみると良いと思います。
ここがシャキッとしているより、ふんわりしているほうが感じが出る、これは間違いないと考えます。
出荷をする段階で多少クシャっとさせておきますが、あの後の加減については各人でお願いします。
和紙はかなり強い和紙を使っていますので、余程強い力で握ったりしない限りは切れないはずですが、やってみて切れても気にしないことです。

おまかせ工房 祓串 はらえぐし 大麻 おおぬさ
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 祓串 はらえぐし 大麻 おおぬさ

広告