おまかせ工房 中型サイズ用神棚ケースに御簾を取り付けたときの参考例

神殿ガラスケースにすだれを取り付けたとき

後からでも御簾は取り付けできますが購入時に取り付けるほうがいいでしょう

屋根違い三社、通し屋根三社、大きな木札、神棚には収まりきれない木箱の御札などをそのまま祀ってしまうための神殿ケースにスダレを取り付けたときのイメージを紹介しておきたいと思います。
この御簾は専用品として作っているものですが他の場所への転用も可能です。
後付もできますがこの神殿ケースに取り付ける場合には後からでは大変だと思いますので、御簾と神殿ケースを同時に選ばれたときにはこちらで取り付けておきます。
また、ほとんどの人がそのようにしています。

【神具】神棚 中型サイズ用 神棚ケース 吊り金具付き
—詳しい紹介—
外寸 高さ56cm 幅72cm 奥38cm
内寸 高さ51cm 幅67cm 奥33cm
備考
内寸(本社)とは内側の空間を指します。
お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。
当店の弥栄屋根違い三社 中型サイズに最適なサイズです。

おまかせ工房 中型サイズ用神棚ケースに御簾を取り付けたときの参考例
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 中型サイズ用神棚ケースに御簾を取り付けたときの参考例
この神殿ケースに弥栄屋根違い三社中型サイズを収めたときの参考例を合わせて紹介をしておきます。
元々、この神棚をすっぽり収めるために作り出したガラスケースになります。
通常の屋根違い三社、通し屋根三社を箱宮のようにしておきたいときに大変便利です。
そのため神殿ケースと弥栄屋根違い三社も同時に選ばれる人が多いのも特徴的な部分になります。

【神具】 弥栄屋根違い神殿三社 中型サイズ 神棚
—詳しい紹介—
外寸 高さ48cm 幅64cm 奥27cm
内寸 高さ33cm 幅15cm 奥7cm
末社 高さ26cm 幅11cm 奥6cm
備考
内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
同じく末社とは三社以上の時の左右の扉内の空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州檜
おまかせ工房 中型サイズ用神棚ケースに弥栄屋根違い三社中型を収めたときの参考例
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

御簾はサイズオーダーでも製作をしていますが、このような事前に用意をしているものと比較をすると若干割高になります。
また、この御簾の場合にはどんな大きさでも作れるわけではありませんので、サイズオーダーの場合には事前に見積(同時に作れるサイズかどうかを確かめる)の必要があります。

広告