おまかせ工房 筋幕聖箱宮三社 大型サイズの祭り例

サッパリとした箱型の神棚 派手さのないガラス箱宮三社

明るい神棚に仕上げることができます

今回は祭り方、祭り例ということで筋幕聖神殿を紹介してみたいと思います。
この神棚の特徴的な部分でもあるサッパリ感、そしてゴテゴテしていない幾何学めいたデザインが落ち着いた飽きのこないガラス宮に仕上がっていると思います。
また、シンプルゆえに神具を置くことも多いので、その配置例、サイズの選択例です。

【神具】 筋幕聖箱宮三社 大型 聖17号 神棚 直接壁に掛けることも可能
—詳しい紹介—
外寸高さ38cm 幅52cm 奥24cm
内寸高さ26cm 幅29cm 奥4cm
備考
内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
これは吊り下げることもできるタイプのものです。
お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。

今回使った国産神具は【 雲水彫神鏡1.5寸と神具一式極小セット
雲水彫神鏡1.5寸 高さ約9cm
真榊 丸台 小豆:木製木軸台仕様 高さ24cm
かがり火高さ約6cm
セトモノセット(豆)
豆八足台6寸

おまかせ工房 筋幕聖箱宮三社 大型サイズの祭り例
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 筋幕聖箱宮三社 大型サイズの祭り例
上の画像と下の画像は配置の仕方を少々変えて、下の画像では引き出しを利用しています。
同じ極小神具セットで何も足していない減らしていない状態で配置のみを変えるだけで全然印象の違う神棚の見え方になります。

箱宮内部に榊立てを置きたい場合には、榊を剪定しかなり小さくしておく必要がありますが、引き出しを使うことにより通常の榊でも箱宮神殿で置いておくことができるのではないでしょうか。

おまかせ工房 筋幕聖箱宮三社 大型サイズの祭り例
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

また、神鏡の位置を変えてみるというのも全体のイメージを大きく変える要素のひとつであり、これに金幣芯を加えるとさらに印象が変わっていきます。
これら神具セットはほぼフルセットに近い状態で組み合わせをしてありますので、空間の余裕感などが伝わると思います。

おまかせ工房 筋幕聖箱宮三社 大型サイズの祭り例

広告