おまかせ工房 部屋に破魔矢を飾りました

和室でも洋室でも玄関でも似合う破魔矢の飾り方の参考例

破魔矢差し、破魔矢掛け、破魔矢置き、破魔矢立て、桧製、軸は削り出し

神前破魔矢シリーズを神棚周りではなく部屋で使ってみたときの実例のご紹介になります。
おまかせ工房のスタッフの家を借りてそれとなく破魔矢置台を並べて撮影をしてみましたが、神前のみならず普通の部屋でも置き方ひとつで雰囲気が変わることがとってわかると思います。

破魔矢を複数本持っている人たちも多いようですので、あっちの部屋、こっちの部屋など位置を変えて、同時に飾り方も変えて楽しめると思います。
画像の後半部分には「二段式」の破魔矢置台を2種類紹介しています。
二段式破魔矢掛け、二段式破魔矢置き。
一人で二本飾りたいとき、二人で一本づつ飾りたいときにはいいでしょう。

神前破魔矢差し・・・垂直に破魔矢を飾りたいとき、省スペースで飾りたいときに使います。
破魔矢の直径は10ミリ以下であれば筒に収まります、直径の穴は10ミリジャスト。
長さ75cmの破魔矢を使って撮影をしていますが一般的な破魔矢になります、この長さの破魔矢の多くは直径10ミリ未満です、おそらく9.5ミリ前後の太さになっていると思います。
直径10ミリ超えの場合には先端を削らないと入りませんが、逆に緩い場合には紙を巻いて穴に入れておくと隙間が塞がり安定している状態になると思います。
絵馬付き破魔矢の場合には絵馬を外しておくほうが安定します。おまかせ工房 破魔矢差し
神前破魔矢掛け・・・長さ100センチほどの破魔矢を掛けてみたときの参考例です。
破魔矢掛けの場合には長さ30センチほどのものでも乗せられ、破魔矢の長さにほとんど関係なくどれでも使えると思います。
破魔矢の重心は絵馬や飾り物などで移動していきますが、横向きに置くということで絵馬付きであれば外しておくほうがいいと思います。
破魔矢掛けを留めるとき透明の虫ピン程度のもので十分です、重たいものではありません。
虫ピンに引っ掛けるのではなく虫ピンで押さえる、、、こんな簡単な留め方で完成です。
おまかせ工房 破魔矢掛け

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

神前破魔矢置き・・・破魔矢置きは破魔矢掛けの据え置きタイプになりますので使い方の要領はほぼ同じです。
絵馬付き破魔矢であればそのまま台の上に置くこともできると思いますが、絵馬は外して手前にでも置いておくほうが全体の美しさが保てるのではないでしょうか。
画像では75センチほどの破魔矢ですが、これも短い破魔矢から長い破魔矢まで問題なく置けます。
おまかせ工房 破魔矢置き
神前破魔矢立て・・・長さ75センチ程度まで対応している破魔矢立ては、やや横向きに破魔矢を飾りたいときに使います。
破魔矢には先端部分が矢尻付きの破魔矢、または平になっている破魔矢がありますがどちらでも対応しています。
凹みを作ってありますので、先端が平な破魔矢であればその穴に入れ、矢尻付きの破魔矢であればそこに乗せるだけです。
50センチほどの破魔矢であれば絵馬付きの場合外す必要はありません、しかし、75センチぐらいの破魔矢であれば絵馬は外しておくほうが安定が増します。
また、この破魔矢立ては日光の龍神破魔矢を飾りたい人たちも愛用していますので、龍の向きなどこだわりで上向きに飾りたいときには最適な仕様になっています。
おまかせ工房 破魔矢立て
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

二段式破魔矢掛け
おまかせ工房 二段式破魔矢掛け
二段式破魔矢置き
おまかせ工房 二段式破魔矢置き
このように洋室でも破魔矢シリーズは違和感なく、自然な馴染み具合で破魔矢を飾る道具になります、破魔矢独特な機能美を引き出すことができると思います。
ただ、神棚の周囲で破魔矢を飾りたいとき・・・専用品の魅力がここにあります

広告