おまかせ工房 ガラス箱宮 本雅三社 尾州桧の祭り例

箱宮の母のような原点の箱宮神殿 ガラス箱宮 本雅三社

幅2尺相当の大型サイズのみ ワンサイズだけ

本雅三社はガラス箱宮神殿を作るときの出発点になるような神棚です、そのためあれもこれもやってみたいことなどを組み込んだ仕様になっていて、オールウッドで化粧板を使わず、欄間の細工は細くこまかく、正絹御簾を使ったりして、ともかく、こういうものがいいね、というものを作り、後は次第にコストダウンをして様々なガラス箱宮神殿を作ります。
オリジナル部品で作る原点です。

今回はその本雅三社に神鏡サイズで言うと2寸を軸にして神具一式セットを組み込んでみたときの参考例です。
このガラス箱宮は大型サイズになりますので、このぐらいの大きさの神具が適応なのではないでしょうか、また、さらに空きを作りたいときには極小セットでも十分です。

【神具】 ガラス箱宮 本雅三社 神棚
—詳しい紹介—
外寸 高さ46cm 幅61cm 奥31cm
内寸 高さ28cm 幅39cm 奥4cm
備考
内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
両サイドはガラス面 前面は引きガラス
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州檜
お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。

今回使った国産神具【雲水彫神鏡2寸と神具一式セット
雲水彫神鏡2寸 高さ約11.4cm
真榊 丸台 豆:木製木軸台仕様 高さ32cm
かがり火高さ約7.5cm
セトモノセットB小
豆八足台7寸

おまかせ工房 ガラス箱宮 本雅三社 尾州桧の祭り例
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 ガラス箱宮 本雅三社 尾州桧の祭り例
この本雅三社はオールウッド、ということは床板もウッドになります。
今回、豆八足台に水、米、塩を乗せてありますが、米と酒でもいいと思います。
水滴が付きやすい土器(かわらけ)については水垢対策として豆八足台、長三宝、折敷などを下に置いてから土器類を置くといいでしょう。

また、引き出しがありますのでそちらへ置いてもいいかもしれませんが、こちらに置くときでも板のようなもの、もしくは紙でもいいので一枚敷いてから置くといつまでも綺麗な状態で祭れると思います。

おまかせ工房 ガラス箱宮 本雅三社 尾州桧の祭り例
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 ガラス箱宮 本雅三社 尾州桧の祭り例

広告