おまかせ工房 地鎮祭で使う木製桶などの使い方について

桶は濡らしてから使う 乾燥した状態では使わない

祭事の前に濡らして木を膨らましておくこと

今どき生活の中で木製桶を使う機会もほとんどなくなり、家庭の中にある桶と言えば寿司桶ぐらいでしょうか。
また、浴室などで木製桶を使うよりプラスティック製のほうが圧倒的に多いように思いますが、桶の使い方について知らない人も多いと思います。
地鎮祭などの神事では木製桶を使いますが、この桶の使い方を知らないで使っている人たちもまだまだ多いようなので、もっとも基本的な部分を書いておきたいと思います。

桶は濡らしてから使う

見慣れない、使い慣れない木製桶なので知らなくても仕方がありませんが、地鎮祭などの場合には一発勝負になりがちなので、持ち込む業者さんたちで木製桶の使い方を知らない人はまずいません。
地鎮祭の日程が決まり、その前日には木製桶に水を入れておきます。
木が乾燥していると水漏れの原因になりますので、これが木製桶の使い方の基本中の基本です。

木は乾燥していると縮みます。
木は濡れていると膨れます。

地鎮祭で使う手水用具はとても良い素材で作りますが、いい素材だから適当に使ってもいいというものではなくて、それなりの準備作業を必ず行ってください。
水に濡れた状態、膨れた状態で最適になるように作ってあります。

おまかせ工房 地鎮祭で使う木製桶などの使い方について
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 地鎮祭で使う木製桶などの使い方について
手水用具を頻繁に使う場合であれば余り意識をしておくことはありませんが、めったに使わない、しばらく保管しておくという場合には、事前の濡らし作業は忘れずに。
一ヶ月間、二ヶ月間、放置してあるときには素材は季節にかかわらず乾燥しているはずですので、そのまま水を入れておくと水漏れがおこるかもしれません。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

桶には周囲で締め付ける「 たが 」と呼ばれるものがあります、画像で言うなら金属の締め金具のことですが、これを上に持ち上げると締付けができます。
しかし、普通は水漏れになっても「 たが 」部分はそのままの状態で、濡らし作業をするだけで治ります。
木製桶においては、「 水漏れ=隙間ができた 」のではなく「 水漏れ=乾燥していた 」という場合がほとんどですので、馴染みのない木製桶の取扱方法について知っておいてください。

また、しばらく使わない場合には、逆に「 乾燥させてから保管する 」ことも忘れずに。
毎日使っていればいいのですが、なかなか使いませんよね。

 

広告