おまかせ工房 木製花台 桧製 【上品】

木枠で榊立てを囲う 装飾と機能性を高める

水垢で困った経験があればオススメの木製花台です

榊立てを使う場合、そのまま直に棚板などの上に置くことが多いと思いますが、しばらく経ってその場所を見てみると、黒い跡になってしまっていた経験はありませんか?
水玉、平子、榊立ては水物を入れておくので周囲に水滴が付きやすく、下に落ちて黒い円形の水垢跡になることがあります。

神道の製品というのは無塗装のものが多いので、できることなら水垢などは付けたくない。
折敷を使うこともあります、単なる板でもいいでしょう、何か一枚敷いておくと防げますので、思い立ってときにやっておくと先々綺麗な状態のまま使えると思います。

榊立てについては木枠のこのような化粧箱があります。
神道祭壇、祖霊舎、八足台などの上に榊立てを置くときには馴染み深い神具です。
当たり前のように使うというか、あることが当たり前になっているというか、なぜこのような木製花台を使うのかと言うと、祖霊舎などは置き場所と一体化しているためのです。
そう、汚れたからと言ってその部分のパーツだけ取り替えることがほぼ無理だからです。

おまかせ工房 木製花台 桧製
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 木製花台 桧製
神棚でも使われますが大きめの棚板を持っていて左右に空きがあるときぐらいでしょうか。
棚板と神棚は一般的に別々のものなので、仮に棚板だけ交換するということができます。
実際、良い素材で作った場合には古い棚板の再利用ということで一枚剥いで綺麗な状態にして使うこともあります。
神棚の棚板は予算を相当かけることも多いので、単なる板、と早合点して処分をしてしまうととてももったいないことになることもありますので、処分するときには見極めてからにしてください。
時には、神棚一式の中で最も予算をかけた、、、という話はごろごろしています。

おまかせ工房 木製花台 桧製
近年では生榊を使わずに造花、もしくは、榊を置かないという祭り方も増えてきました。
理由としては、入手しずらくなった、交換が面倒になった、なんだかんだで費用もかかる・・・などが多いようです。
確かに近くで生榊が販売している環境ばかりではないし、生花店でも香花などお寺用の花は扱っていても、榊は扱っていないこともあります。
造花でもこのような木製花台に入れておくことがありますから、置けるようであれば使ってみてください。
また、真榊という神具を榊の代用品として置いておくこともあります。
祭り方は誰でも同じということはありませんので、自分の生活スタイルに合ったものを見つけてみてください。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告