おまかせ工房 明治三社 唐戸 大型サイズの祭り例

高さ低めで横長スタイルの通し屋根三社 明治シリーズ

横幅は大型サイズ 高さは小型サイズの神棚の祭り例

通し屋根の明治神殿、屋根違いの出雲神殿とは姉妹品になりますので共に高さを低めにした神棚として以前から作っている尾州桧のシリーズです。
今回、その中から明治三社大型サイズを使った神具の配置、大きさなどがわかる祭り例のご紹介。

神鏡サイズを2寸でセットを組んでいる上彫神鏡2寸と神具一式セットを使ってみましたが、極小神具セットでもいいと思います。
真榊の高さで好みがあるかないかという区分けでもいいでしょう。
なお、これ以上大きな真榊では不釣り合いになると思いますので、真榊小豆もしくは真榊小のどちらかを選んだ構成がバランス的にもいいと思います。

【神具】明治神殿三社 唐戸 大型 神棚
—詳しい紹介—
外寸 高さ33cm 幅73cm 奥22cm
内寸 高さ28cm 幅44cm 奥4cm
備考
内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
扉は「唐戸」です。
材料:尾州檜
現在の住宅事情に合わせた高さの低いお宮です。

今回使った国産神具は【上彫神鏡2寸と神具一式セット
上彫神鏡2寸 高さ約11.2cm
真榊 丸台 豆:木製木軸台仕様 高さ32cm
かがり火高さ約7.5cm
セトモノセットB(小)
豆八足台7寸
おまかせ工房 明治三社 唐戸 大型サイズの祭り例

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 明治三社 唐戸 大型サイズの祭り例
神鏡を置く場所はいろいろです、手本のような場所としては画像のように本社の扉前が多いと思いますが、画像でいうと最前列、2つ並べている平子の前に神鏡を置くこともあります。
最前列に置く場合にはワンサイズ大きめのものを置いておくことがとても多いです。

おまかせ工房 明治三社 唐戸 大型サイズの祭り例
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告