おまかせ工房 二段式豆八足台の祭り例

神鏡と金幣芯の同時置きを可能にする上下二段の豆八足台

通常の豆八足台と短足型の豆八足台の組み合わせ

今回使った豆八足台7寸の奥行きは7cmなので、ちょうど金幣芯大型と雲形神鏡2寸を前後に置ける寸法なので、豆八足台にそれぞれを乗せてみました。
豆八足台がなければ使わなくても置けますが、ボリュームが出ますので見栄えが格段に良くなります。

上下二段にする豆八足台の参考例です。
この段差を付けた豆八足台を並べる場合には奥行きも2倍になりますので、神前は狭いことが多いので置きたくても場所がないという人たちも目立ちます。

もし、スペースに余裕があるのであれば是非行ってみてはいかがでしょうか?

今回使った神具
雲形神鏡2寸、金幣芯大型、真榊小豆木製台軸仕様、セトモノセットB豆、かがり火高さ7.5cm、通常の豆八足台7寸、短足型豆八足台7寸。

おまかせ工房 二段式豆八足台の祭り例
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 二段式豆八足台の祭り例
神棚など神仏を祀る場合には、ひとつの世界をその場に作っておきましょう、ということをよく言います。
創り出すわけですが、個人個人の世界がその狭い場所に展開するわけですね。
そのお手伝いをしているのが神具ということになります。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

本格的な八足台(八脚案)を持っている人でも、その棚板の上に豆八足台を使います。
とにかく便利な置台ですので、神棚に限らず、御霊舎、祖霊舎などでも頻繁に利用されています。

今回の参考例は金幣芯と神鏡の前後置きで紹介してみましたが、かなり上級者的な配置になります、そのため神道でよく見かける置き方です。

おまかせ工房 二段式豆八足台の祭り例

広告